TOP

就活で最高な日々を過ごしましょう。

エントリーシートは、採用・求人のための書類あるいは応募フォームのことです

エントリーシートというのは、独自に会社が準備している、採用・求人のための書類あるいは応募フォームのことを言います。一番一般的なものは、会社が自分の会社のホームページで採用情報を掲載して、応募者を同時に求人するものです。スタイルは統一されたものになっており、全員の応募者のデータを手に入れることが可能であるので、データを採用する担当者が管理しやすいというメリットがあります。特に、新卒採用で学生を対象にしたものの場合に、エントリーシートを採用する会社が多くなってきています。ほとんどのエントリーシートを採用している会社は、これを一次審査のために使用しています。全員の応募者がデータを統一されたスタイルで入力するので、まず、最初の関門の一次審査に受かるためには、自分がいかに個性的、印象的であるかということをアピールすることが非常に大切になります。また、面接をこのデータを基にして行なうような会社も多くなってきつつあります。


学歴不問!未経験歓迎!中途採用求人情報(正社員)【株式会社コネクト】

Iターンでのデメリットも視野に入れて

Iターンというのは、都会に生まれて育った人が都会で就職した後に地方に移住して就職したり働いたりすることです。Iターンは地方出身の人がまた地方に戻って就職するのと違い、故郷とは違った地方などで働くことです。Iターンは、自分の好きな土地で暮らして働くことが多いのですが、実際に住んで魅力を見つけるということもあります。生活費も都会に比べると安く抑えられ、住居費に至っては都会より広いところを安く借りたり、場合によっては家を安く価格で買えたりするので、庭付き1戸建ても若くても夢ではなくなります。デメリットは、地方での生活に順応できなかったり、こんなはずではなかったと住んでみてわかることも多々あろうかと思います。地方での町内、地域での人付き合いや地方特有のしきたりを重んじること、冠婚葬祭、地域行事も多く、出席しなければならないことも都会と違って多くなります。そして、何より都会と違って情報が少なく、ネットでの情報で多くなったとは言え、美術館、舞台、音楽などは充実しているとは言えません。買い物も都会と違って、そこに行けばなんでもあるという、品揃えを期待できません。移動も車がないと不便になります。デメリットも考えることも大切です。

最近の就職活動のスタイルはWEBエントリーです

合同説明会や、就職支援会社に登録したり、また行きたい会社の説明会に行ったりと一昔前の就職活動はいかに現地に足を運ぶか、いかに履歴書をたくさん送るかでした。しかし、インターネットの普及によりその煩わしさが解消されました。WEBエントリーをすることが増えたからです。WEBエントリーとは、就職支援会社やいわゆる就職サイトと言われるようなものを持つ人材会社、また各会社の採用ページかから、入力フォームでエントリーができてしまのです。おおむね履歴書と同じ役割をします。入力フォームには、個人情報から始まり、志望動機や自己PRなどを書き込みます。ものの数分でできてしまいます。それを持って書類選考もしくは1次選考をしています。手書きや郵送の必要はたまた出向く必要がなくなったのです。受け取った側はその情報を見て次のステップへの進むか否かの選択をします。そこからさらにSPI試験や各試験もインターネット上でさせる会社もあります。面接は最後の1回だけなんて会社もあります。